YEAR

2011年

  • 2011年12月30日

創発民主主義への夢、そしてグレイトフル・デッドがすでにやっていたこと。

2011年も終わろうとしています。 更新頻度はそんなにないものの、このブログがあるおかげで、いろいろな思考を深めることができました。 今年、後半は、日本のシステムについてしばしば考えてきました。 ここでいうシステムとは村上春樹のスピーチにでてきた「壁 […]

  • 2011年11月11日
  • 2020年6月20日

卵が壁に勝つ方法についての考察その3

「卵が壁に勝つ方法」を模索する試みとして、これまで、「壁になってしまった卵たち」の考察をしてきました。 壁と壁として認識するばかりでは、永遠に卵は打ち壊れるだけだからです。 そこで、壁を構成する「壁人間」も、もともとは卵だと認識する必要があったからで […]

  • 2011年11月2日
  • 2020年6月20日

ジャーナリストのいない街

朝日新聞10/29のオピニオン欄で元NW記者のスティーブン・ワイルドマン氏が、アメリカの地方新聞の衰退について語っていました。 この5年で新聞広告収入は半減、経営不振によって休刊した新聞は212紙、記者の人数は2万人減少。それによって生まれたのが「記 […]

  • 2011年10月26日

「スマートフォン&モバイルEXPO」に行ってきました。

幕張メッセで開催されている「スマートフォン&モバイルEXPO」に行ってきました。 「スマートフォンやモバイルに関する、あらゆるソリューション/サービスが一堂に出展する日本唯一の専門展」ということですが、わたしの今回も大きな目的な3つです。ひとつは、講 […]

  • 2011年10月8日

卵が壁に勝つ方法についての考察その2 続・壁になった卵たちの話

前回、「壁になった卵たちの話」を書いて、次は、「壁の中の卵と話す方法」とかに思考を進めるつもりでいました。 「壁の一部になっていた卵が壁から離れる瞬間」というのも、実体験として見たこともあるし、そういった事例をいくつかピックアップし、なんらかのヒント […]

  • 2011年9月17日
  • 2015年6月13日

卵が壁に勝つ方法についての考察その1 壁になった卵たちの話

村上春樹はエルサレムでのスピーチで、「高くて固い壁」と、それにぶつかって「壊れる卵」の話をしています。 スピーチの中で、その暗喩の一例として、 「高い壁」=「爆弾、戦車、ロケット弾、白リン弾」 「卵」=「これらによって押しつぶされ、焼かれ、銃撃を受け […]

  • 2011年8月31日

馬淵の「淵」は十二画です。

いろいろ書きたいことはあったのですが、ここのところ現実の進行に目をうばわれてばかりでした。 まず、思いつくのが伸介の引退…ではなく、民主党党首選です。 わたしは、自分が票を入れるとしたら、消去法ながら、馬淵さんと思ってました。 理由を3つ […]

  • 2011年8月12日

脱原発って、これはもう革命の一種かもしれない。

7割くらいの国民が脱原発を思いながら、脱原発を叫ぶ菅首相の人気はまったく上がらない日本。 その理由を分析するのはここではしません。 それでも、脱原発ということそのものは、近未来に人類がやらなければならないことには変わりません。 理性的に考えれば、これ […]

  • 2011年7月27日

あらためて旗を揚げておきます。わたしは脱原発派です。

福島での原発事故は未だ収束が見えません。 放射能に関しても、どこにホットスポットがあるかわかりません。 昨日は牛肉、今日は腐葉土と、いろいろな身近なところからも放射能が検出されています。 たいへんです。考え方によれば、まるで戦時中のようです。 にもか […]

  • 2011年6月28日
  • 2020年6月20日

茂木健一郎、音楽についての連続ツイート

ツイッターは140文字以内の書き込みなわけですが、ときに、「連続ツイート」することで、ちょっと長文のコラムにする人もいます。 脳科学者の茂木健一郎さんもそうで、彼は、ほぼ毎朝、なにかのテーマについて連続ツイートしてます。 今日のテーマは音楽。 いちお […]

>動画の制作 お受けしています

動画の制作 お受けしています

ミュージックビデオ、企業CM、商品説明動画、ブランドイメージビデオ、AFアニメ、SNS用動画、各種承ります。

CTR IMG