AzeWay.com

AZEWAY.BLOG

NZ地震の震源の深さが5キロって…

ニュージーランドの大地震、ニュースによれば…
*************************
<NZ地震>震度6強に相当…940ガル「阪神」並みの揺れ…
今回の地震は、昨年9月に起きた地震(M7.0)の最大余震と見られている。東京大地震研究所の大木聖子助教(地震学)によると、震源は太平洋プレート内の活断層で、本震を起こした断層の延長線上にあり、これまで地震が起きていない「空白域」だった。
地震の発生機構は本震とほぼ同じで、本震の震源がクライストチャーチの西45キロ、深さ10キロだったのに対し、今回は北北西5キロ、深さ5キロだった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110223-00000048-mai-soci
**************************
震源の深さ、5キロです。5キロ。
すんごい浅いです。
ところで…
阪神大震災  深さ16km 直下型
新潟県中越沖地震 深さ13km 直下型
四川大地震 深さ19km 逆断層、直下型
岩手・宮城内陸地震 深さ 約8km
能登半島地震  深さ 約11km
スマトラ沖地震 スマトラ島の西方約160km、深さ10km
と、見ると、近年の地震は「震源が浅い」という特徴があるようにも見えます。
地殻調査…つまりボーリング調査の可能な深さですが、
地上で10kmくらいが掘削可能な深さらしいです。
なにか関係があるのでしょうか。
とすると、前述の震源の浅い地震ですが、
「震源の浅さ」以外にも、なにか共通点があるのでしょうか?
まあ、もっと深い震源の地震もありますが…
それにしても、テレビのニュースで見るところ
やはり被災地の状況は悲惨なようです。
「救出のために脚を切断」…なんていたましいんでしょう。
クライストチャーチはニュージーランド南島最大の都市と聞きます。
早くから行政運営に民間的手法を導入、革新的な改革を実現したことでも注目される都市でした。
一度は訪れたいと思っていた街です。
みなさんの不幸が早く取り除かれますように。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

人気の記事