AzeWay.com

AZEWAY.BLOG

ジョンレノンの命日がすぎて…

12月8日はジョンレノンの命日。

もし、ジョンが歌を歌っていなかったならば、
殺されることもなかっただろう。

歌をうたう者、詩を書く者、小説を書く者
すべての表現をする者は、
すでにリスクを抱えていることを自覚しなくてはいけない。

その覚悟がある者だけが表現者でいることが許される。

「誰がジョンレノンを殺したか?」
というドキュメンタリー番組がある。

わたしはそれを見ていないけれど、
(31日に再放送があるらしい)
つまりは「戦争で利益を得る人たち」から見れば
ジョンレノンが消してしまいたい存在であることは明白だ。

まあ、安直に陰謀史観に判断をゆだねるつもりはないけれど、
いろいろ名前を挙げるまでもなく、
「表現者であったがゆえに命を失った」
という人はとても多いと思う。

大げさかもしれないけれど、表現者は
つねに命がけでなにかを表現しているのだ。

ジョンは「銃」という無骨な方法で殺されたけれど
今はもっと「洗練」されているのだろう。

銃以外にも表現者の命を奪う手段はたくさんある。

ジャーナリストの上杉氏が、
「えん罪に巻き込まれたくないので電車に乗らない」
というのも対策のひとつかもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事